オーダー結婚指輪 マリッジリングの制作Blog A-D-PHP表示


オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。

プリンタが壊れた その2

2012-08-22 00:13:02  | NoComment


昨日プリンタが壊れたことを紹介してプリントヘッドをヤフオクで落札した事を書きましたが、本日プリントヘッドが届きました。

プリントヘッドの梱包

丁寧に梱包されていました。

開封していきます。

プリントヘッドMP500用

出てきました。キャノン純正の文字があります。販売は終了しているはずなのに・・?中国からの逆輸入品の様な感じです。海外ではまだ販売しているのかしら?と不穏に思いながら開封を続けます。

プリントヘッドの箱の文字

Made in Japan の文字があります。やはり海外向けに日本で作っているのでしょう?

プリンタのインク外し

プリンタ本体のインクを全て外してプリントヘッドを取り出して交換します。

プリントヘッドにインクをセット

新しいプリントヘッドにインクタンクをセットし直します。そして実際にプリントテストです。

直っているでしょうか?

プリントできていない

テストにノズルチェックパターンを印刷したのですが、出てきた用紙には何も印刷されていません!

がびーん!!!!

ショックです。そもそも一か八かだったので・・・・・。

あえなくプリンタ本体を修理に出すことにします。

本体を買い換えても良いのですが・・・。買い置きのインクを沢山買ってしまっているので・・・・・・・・・OTL

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

プリンタが壊れた!

2012-08-21 00:04:13  | NoComment


お店にはプリンタが2台あるのですが、突然1台のプリンタの印刷が出来なくなりました。

え、壊れたの?動作は問題ないのですが、インクだけが出ない状態です。

ヘッドをクリーニングしてもまったく印刷しません><

お店のプリンタ

古いといっても4年~5年ほどだと思いますが、それでも寿命なのでしょうか?

0000000000

 印刷チェックをしてみます。ですが、何も印刷されません!

印刷チェック

実はもう一台のプリンタも同様の症状になったことがあり、プリントヘッドなるものを交換すれば直りました。

プリントヘッドはインクをセットした部分なのですが、消耗品としてメーカーでは出していません。正確にはちょうど5年ほど前までは、キャノンから純正のプリントヘッドは消耗品で部品を販売していたのですが、どういうわけか販売をやめてしまったのです。

プリンタの故障の場合、実機をキャノン側で見てみないとどこが悪いのかわからないと思うのですが、持ち主がプリントヘッドの交換で直るだろうとプリントヘッドを購入したものの直らず、クレームなどが多かったからなのか販売をやめてしまって、本体の故障の場合はメーカーに送ってくれとの対応に変わってしまったようです。

もう一台の故障の時は、プリントヘッドの販売中止直後だったのでヤフーショッピングなどで在庫を持っているところから買うことが出来ました。それで、プリントヘッドを買って交換してみたら直ったというしだいです。

今回もプリントヘッドの交換で直るかどうかわわかりませんし、ヘッドが販売中止になってからかなり立っているのでヘッドがかえるかどうかもわかりません。

だめもとでプリントヘッドをググッて見ました。

で、ヤフオクにありました!早速落札!

プリントヘッドの場所

プリントヘッドはプリンタインクを入れた部分にあります。インクタンクを全て外すとプリンタヘッドも取り出せるようになります。

プリントヘッド

これがプリントヘッドです。

これを交換して直るかどうかはわからないのですが・・・・。

プリンタ本体もかなり安く買えるので、本体を買い換えるという手も合ったのですが、インクをかなり買いだめしていてそのインクが結構値が張るのでもったいなく思い、一か八かプリンタヘッドの購入に至ったわけです。

どうか直ってください!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

お盆明けの作業。タガネの研磨

2012-08-17 00:24:22  | NoComment


あっという間にお盆が終わりました。今年は3日間お休みを頂いておりまして昨日から作業の再開でした。

徳島県ではお盆期間中は阿波踊りがあるので県の人口が一気に増える時期でもあります。

私だけかもしれませんが、阿波踊りが終わると何となく秋のイメージになります。まだ全然暑いですけど・・・。

作業を始める前に工具類の手入れをしました。この後、彫刻作業に入るためタガネの研磨を主に行いました。

彫刻タガネ

タガネは主に刃先が0.5mm~0.8mmの物をよく使います。昨今、細身の結婚指輪の注文が増えてきていますので彫刻も必然的に細かくなり、細いタガネをよく使います。0.5mmの刃先はかなり細いですが、超硬タガネなので丈夫です。ですが、気を抜くとかたい分、刃こぼれします。

本番の彫刻を施す際は、刃こぼれしていないか良く確かめないと彫刻を失敗しますから本番前は必ずタガネの確認をします。今回は刃こぼれしていませんが、やはり、使っていくと刃先がだれてきて切れ味が悪くなります。

なのでたまに刃先を研ぎ直す作業が必要です。

タガネ固定治具

タガネを研磨する際、とても重要なのが刃先の角度です。彫刻する人によって角度は好みがあって様々でしょうが、職人さんは余り公言しないようです。ですが、基本の角度があってそれに合わせて研磨します。

写真の治具はタガネを固定して、好みの角度にピッタリ合わせて研磨できる必需品といえるタガネ研磨治具です。

これが無いと手作業で角度を固定して研磨するなんて至難の業です。

ただ、手作業じゃないと研磨できないタガネもあります。それは、和彫りで使う片切タガネ、毛彫りタガネの曲線用です。このタガネは角度をビシッと決めて研磨するのではなく、先は尖っていますが、面は曲面になっています。文章では伝えにくいですが、とにかく研ぐのには熟練が必要なタガネです。特に、曲線用毛彫りタガネは研ぐのが難しい!!

まあ、何とかタガネの研磨作業が終わって明日は彫刻作業に入ります。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

パラジウムのオーダー結婚指輪を制作中

2012-08-10 23:33:34  | NoComment


当店では、価格の安い素材としてパラジウムを使った結婚指輪をおすすめしています。

パラジウムはプラチナやホワイトゴールドの割金としてメインの素材では無かったのですが、昨今の地金高騰により、まだ比較的安価なパラジウムをメインとしたオリジナルの結婚指輪を制作しています。

パラジウムは加工が難しくパラジウム単体での指輪制作をしているところはあまりないと思います。加工に結構コツみたいな物が必要なのです。安価と言っても5年くらい前の金やプラチナの価格ぐらいはするので決して安い金属ではありません。ですが、今のプラチナ、ゴールドを使うよりは断然安く指輪が作れます。シルバーのように変色もしないし、ある程度強度もあるので充分結婚指輪にする価値のある貴金属であることに間違いありません。

今回は当店のオリジナル結婚指輪の制作をパラジウムで制作したいとのオファーがあり、2組ほどの結婚指輪を制作しています。

パラジウムの結婚指輪

この写真はパラジウムで指輪を鋳造し、ツリーから切り離した所です。合わせるとクローバーが浮かび上がるマリッジリングと、リボンのマリッジリングです。どちらも可愛いデザインで人気のあるモデルです。

パラジウムのマリッジリング制作

その4本(2組)のマリッジリングをシリコンポイントで磨いたところです。この後もう少し磨いてダイヤの石留めなどをしていきます。

下の写真ですが、このワイヤーは何かお解りになるでしょうか?通常、指輪のサイズ直しをする際は、指輪を切って繋ぐときロー付けという溶接方法で繋ぐのですが、ロー付けだとロー目と言われる黒い筋がつなぎ目に残ったり、つなぎ目の強度が弱くなったりします。そこで、当店ではロー付けは行わず、レーザー溶接機による母体の金属と同じ素材を使用した共付けという方法で溶接しています。

この共付けという方法だとプラチナ900の指輪の場合、プラチナ900で溶接するので切った後が残ったり、強度は弱くなることもありません。

このワイヤーはそのパラジウムの指輪をサイズ直しするときに使うパラジウムのワイヤーです。パラジウムは粘りがないので地金をワイヤーに伸ばすのが一苦労なのですが、これが無いとレーザー溶接機でサイズ直しが出来ません。パラジウムのワイヤー線などは販売されていないので当店で作っています。もちろんサイズ直しする指輪によってそれぞれワイヤー線を作ります。

パラジウムのワイヤー線

サイズ直しのお話の流れですが、先日、以前ご注文いただいた結婚指輪のサイズ直しの依頼があってサイズ直しを承ったのですが、依頼主様がアメリカ在住の方で、お土産にチョコレートを頂きました。

ちょうど夏休みで日本に帰国するらしく、サイズ直しする指輪と一緒に同封していただきました。とっても嬉しかったです。ありがとうございました!

ニューヨークのチョコレート

ありがたく頂きました!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

コンビカラーの格安マリッジリング追加しました。

2012-08-05 17:50:34  | NoComment


【新製品のご案内】

~ Pallas Ring ~

以前まではホワイトゴールドで制作すればリーズナブルな価格の結婚指輪をご提供することができましたが、昨今の金地金、プラチナ地金の価格の高騰により、それもままならないような状況が続いております。

そんな中、比較的地金相場が落ち着いておりますパラジウムを使用した結婚指輪を制作することが出来ましたのでご案内いたします。価格はプラチナ価格のほぼ半分ぐらいの価格となっており、大変お求めやすくなっています。

低価格でお買い求めが可能なパラスシリーズにK14ピンクゴールドとコンビカラーになった人気のツートーンモデルを追加しました。
もちろんプラチナ900とK18ピンクゴールドでの制作も可能です。

パラジウムとK14ピンクゴールドの格安結婚指輪

パラジウムとK14ピンクゴールドの格安結婚指輪

パラスリングの詳細は、こちらのページからPallassシリーズをご覧下さい>>

Pallas」とはパラジウムを主成分に、当社開発による低価格を実現した新しい素材です。パラジウムはプラチナ同様白色の美しい輝きを放つ金属で、歯科材料など医療にも使用されるなどお体にも優しい金属です。元々白色の金属なのでホワイトゴールドの様にメッキの必要もなく白系の美しい発色をしています。また、汗や温泉などによる変色もありません。地金相場が落ち着いていると言っても以前の金価格よりも高い相場を保っていますので貴金属の一種となっています。
これまで、パラジウムはプラチナや金などの割金として使用されておりましたが、メインの素材として使用されていなかったのは形を造形する加工が難しかったため使用されていませんでした。ですが、当社で試行錯誤の上、パラジウム単体での造形を可能とし、結婚指輪として美しい造形をする事に成功いたしました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

2012-08-04 19:21:40  | NoComment


オーダーメイドマリッジリングをご紹介するのですが、本日ご紹介するマリッジリングを制作するに当たり、新しい試みがありました。

まず、制作したマリッジリングをご紹介します。

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

こちらのデザインは当店でも人気のある「桜小道」というオリジナルマリッジリングをアレンジした物です。「桜小道」はそのままでも充分美しいデザインなのですが、中央の桜の花びら部分以外をお二人なりにアレンジしてご注文いただく場合が多いです。

こちらもその一つで中央の合わせると浮かび上がる桜のデザインはそのままですが、両サイドがお二人のご希望どおりアレンジしております。

まず、こちら側のアレンジは合わせると大きなハート形が浮かび上がり、そのハートの中にはさらに桜の形が浮かび上がります。

この桜の形はくり抜かれており、透かしになっています。1本の指輪に透かしを入れるのはそんなに難しい作業ではありませんが、こちらのデザインの場合、合わせるとくり抜かれて透かしになった花びらが浮かび上がるようになっています。

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

くり抜かれた部分をよく見ていただくと、花びらの形が尖った部分が多く、引っ掛かって危ない感じがします。制作する際にそのことをご説明したのですが、彼の拘りで「どうしても透かしにして欲しい!」とのことでした。

出来るだけ尖った部分は先を丸めて、テーパーを付けたりして引っ掛かりにくいように制作いたしました。

それでも尖った部分はあるので気をつけて身につけていただくように念を押してご説明をしました。

確かに、尖った部分のことを考えると制作を断念する方が多いことだと思います。そのことを逆手に取って誰も作っていないデザインとしてオーダーいただいたのです。ホントに二人だけのデザインの様に思います。

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

そして、反対側のサイドにはお二人のイニシャル「T」と「M」をデザインしたマークを入れました。マークの先にブルーダイヤとルビーをそれぞれ抱きかかえるように石留めしております。

そして、新しい試みとは

この指輪を本制作する前に、一度同じ形の指輪をシルバーでサンプルリングとして作ることでした!

この写真が事前に作ったシルバーサンプルリングと本制作品です。

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

出来上がりと全く同じ形に制作しております。ただし、ピンクゴールドの部分は白色で、ダイヤはキュービックジルコニアを使用しています。ですが、出来上がりがワックス確認をするよりも解りやすいです。今回のデザインの場合、桜の透かしの尖った部分の感じなどを事前にわかっていただくために制作に至ったのですが、ワックスの確認では仕上がりの状態を見ることに限界があり、よりオーダーメイドの不安要素を取り除くためにフルオーダーメイドに限り、事前にシルバーサンプルリングを制作していこうと思っております。

通常オーダーメイドの場合、紙に描いたデザイン画だけで仕上がりまでワックスしか確認が出来ないので仕上がり具合に不安感を抱く方もいることと思います。事前にシルバーサンプルリングを制作し、確認していただくことでその不安感を取り除こうという方法です。

現在ホームページでの告知はこのページだけですが、近いうちにトップページでもシルバーサンプル制作のことをご紹介するつもりでおります。

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

合わせると桜の花の透かしが浮かび上がるマリッジリング

シルバーサンプルリングは実際の出来上がりと同じ指輪サイズで制作しますのでサイズの確認にも重宝する方法です。

後日、ホームページでもご紹介いたします。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

ハイビスカスが立体になったハワイアンマリッジリング

2012-08-03 18:54:00  | NoComment


早い物でもうすぐお盆ですね!

あっという間に1年が過ぎていく感じです。

本日ご紹介するマリッジリングはハワイアンのマリッジリングなのですが、プラチナとピンクゴールドのツートーンカラーのキレイな色合いのマリッジリングです。

ハイビスカスが立体になったハワイアンマリッジリング

メンズは内側がピンクゴールドで外側にPTmezzaを使用しています。PTmezzaを使うことで少しでも価格を抑えています。

特徴的なのはレディスでベースにK18ピンクゴールドを使用しているのですが、ハイビスカスの花の部分だけプラチナで花の形を立体的に貼り付けてその上に彫刻を施しています。異色金属を使用する場合、同じ高さで表面を磨いてしまうと色は違うのですが貴金属の場合鏡面だと回りの景色が映り込んでしまい、異なるカラーでもわかりにくくなってしまいます。そのため、プラチナの部分を一段高くすることで異なる素材だと言うことを強調しています。

また、普通の仕上げとは印象ががらりと変わり、いかにもオリジナルといった感じでがします。

ハイビスカスが立体になったハワイアンマリッジリング

ハイビスカスが立体になったハワイアンマリッジリング

内側の彫刻にはハワイアンらしく「ALOHA」の文字と、イニシャルの間に手のマークを入れました。

ハイビスカスが立体になったハワイアンマリッジリング

お渡しした際には大変気に入っていただいて喜んでくださいました。お客様に喜んでいただけると本当に私も嬉しい限りです。

末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

店舗外装をリニューアルしました

2012-07-08 00:28:12  | NoComment


先月から取りかかっていた外装工事がようやく終わりました。

梅雨の時期と重なってしまい、長雨のため工事がなかなか進まず、半月以上かかってしまいました。

工事の様子

工事の途中の様子です。店舗前の壁面以外は塗装が終わって残すは1階の全面に石材を貼り付ける工事が残っている段階です。

石材の貼り付けを行っている様子を写真に撮りました。

工事の様子

路面が濡れているのをお解りでしょうか?雨が少し降っていましたが、壁面の石張りを強行しました。

以前の塗装面が見えていますが、かなり汚れてしまっています。

工事の様子

工事の様子

だんだん石張りの上品な壁面になってきました。この石材も種類が沢山あって、迷いましたがキレイな色合いだったので良かったです^^

そしてようやく石を張り終わり、外装リニューアルが完成しました。

店舗外装リニューアルが完成

上品な店構えになって大満足です。

店舗外装リニューアルが完成

依然と外観が違うのでご来店の際はご注意下さい。

心機一転!皆様のご来店をお待ちしております。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

外壁の塗り替え

2012-06-11 17:54:02  | NoComment


ここ1年ぐらいの間にお店の外壁がかなり汚れてきました。

少し前から塗り替えをしないと思っておりましたが忙しくてなかなか手が付けられませんでした。

ですが、たまたま知り合いの塗装屋さんがお店にきて「塗装するなら見積もりしますよ。」と声を掛けていただいて思い切ってお願いしました。見積もりしていただいて塗装の種類など色々教えていただき2日前から足場工事に入りました。

外壁塗装の為の足場

写真を見ていただければお解りのように雨染みが酷い状態です。今の塗装がリシン塗装と言って非常に汚れやすい塗装らしいので、少々値は張りますが、今度の塗装は汚れにくい塗料を選びました。

足場工事

足場が完成しました。今回は色の塗り替えだけではなく、一部石張りにしようかと思い外壁に貼り付けるための石もショールームなどで色々見て回りました。ちょっとだけお店のイメチェンです。

外壁の石

この石だけでも色々あってかなり迷います。><

外壁の色や雰囲気に合わせて大きな石や、小さな石、色々です。

中でもこの写真の石が気になっていてこの中から選ぼうかなと思っているところです。

問題は外壁の色です。

今の色はかなり黄色味が強いので、今度はもう少し薄めの白に近い色にしようかと思っています。

お店を足場で囲っていますが、お店は営業していますので遠慮無くご来店下さい!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

スーパームーン

2012-05-06 12:06:55  | NoComment


皆さんご存じでしょうか?

5日と6日の夜に見える月は満月でまんまる!その満月も普通の満月ではなく、スーパームーンと言って大きさが普通よりも14%ほど大きく見えるらしいのです!

目の錯覚で大きく見えるのではなく、実際に大きく見えるその理由は、月の軌道が地球の周りを楕円形に回っているため、もっとも地球に近づくのが5日or6日との事。しかも満月なので14%普通より大きく見えるのです。

ちょうど日本で見えるタイミングはそんなに無いでしょう。ってことで実際に見て写真を撮ってみました。

スーパームーン

写真には撮りましたが、大きさを比較できないので大きく見えてるかどうかは疑問?

でも実際に肉眼で見ると大きいような気がしました。

さて、いつものように作業の様子などをご紹介します。まず、急ぎのお客様からのご注文で合わせるとハートが浮き出る結婚指輪です。そのワックス原型が出来上がったのでご紹介します。

ハートが浮き出るワックス原型

このワックスのお客様の結婚式は7月の予定なのですが、「前撮り」と言って衣装を着、前もって写真を撮る行事?があってそれまでに欲しいとの事です。その「前撮り」は5月27日なのであと、20日ほどしかありません><

急いで作業を進めています。

次に、当店で調合して作っているPTmezza素材でのご注文があり、形のベースが平打ち型なので指輪を鍛造で作りました。

鍛造の平打ちリング制作

鍛造の平打ちリング

キレイにリング状になったところです。サイズをきちんと調整して後はヤスリがけなどによって表面をキレイにしていきます。

鍛造の平打ちリング磨き

上の写真は#1000番のシリコンポイントまで仕上げた所です。ヘラ掛けしてどんどん磨きます。

続きはまた後日。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI