オーダー結婚指輪 マリッジリングの制作Blog A-D-PHP表示


オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。

タガネ研磨

2007-02-08 22:44:46  | NoComment



昨日から洋彫りの練習をずっとしていましたが、どうも彫り跡、彫り具合などがしっくりいかずタガネを研磨し直すことにしました。


まず気になったのはタガネ先端の刃の角度です。マニュアル通りの角度ではどうも彫りにくいので角度を自分なりに変えてみました。地金に面する方の角度を15°から20°にしてみました。何となく良い感じで彫れたので20°に統一することにしました。


次に気になったのは彫った跡の光具合。和彫りだと真鍮板に彫った彫り跡はピカピカに光っているのですが、洋彫りだと和彫りのような光沢が出ません。彫り跡に光沢が出る仕組みは刃先の地金に面した部分が、ヘラの役割をして光沢が出るみたいなのですが、同じタガネを使い、金槌でたたいた物とグレーバーで彫った物とでは明らかに光り具合が違います。刃先の角度を変えたり、彫り方を変えたりしましたが、どうもうまくいきません。



試しに和彫りように研いだタガネをグレーバーに付けて和彫りの彫り方、彫る角度で彫ったところグレーバーでは光沢が出ないことが解りました。さ~て困ったぞ・・・。彫り跡がキレイでなければ商品になりません。


さんざん試行錯誤したあげく、気晴らしにプラチナに彫りを入れてみました。プラチナは高価なので今まで試し彫りをしなかったのですが驚いたことに彫り跡がとてもキレイに光っていました。どうも地金の方に問題があったようです。真鍮は金、プラチナに比べて固いので刃先がヘラのような効果を出すにはグレーバーでは非力だったようです。今日は刃先を研ぐばかりで終わってしまいました。



問題が解決したので後は集中して練習に専念します。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

洋彫りグレーバー

2007-02-07 14:28:03  | NoComment



当店にまた一つ新兵器が到着しました。
洋彫り彫刻をする工具というかマシン?です。これまで和彫りのタガネでコンコンと金槌をたたいて彫刻を施していましたが、金槌でたたく作業を機械がします。



早速、彫りの練習をしました。が、今までのタガネの彫っていく方向が違うので難しい・・。
和彫り→手前に向かって彫る。
洋彫り→手前から向こうに彫る。
簡単にできると思っていましたが、かなり練習が必要です。


拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

ペンダントの仕上げ

2007-01-17 17:36:59  | NoComment


昨日埋没した物が固まったので今日は仕上げまで一気に作業を進めます。



埋没した鋳造リングを電気炉に入れて半日ほど加熱します。900度の温度まで一気にあげず、徐々に温度を上げていきます。なぜかというと埋没したワックスを溶かして湯口から流れ出させペンダントの形の空洞を作るわけですが、一気に温度を上げるとワックスが沸騰して埋没材とワックスの密着していた表面が荒れて鋳肌が汚くなるからです。ワックスを沸騰させずにゆっくりと溶かしていきます。900度の温度まで上げてから2時間ぐらい保持してワックスを完全に焼却させます。



完全に焼却した鋳造リングを鋳造機にセットします。地金が溶けて鋳造するタイミングがけっこう難しいものです。



鋳造して表面に付着した埋没材を完全に除去するとキレイなプラチナのペンダントの形が出来ました。後はチェーンを通す金具と石を留めるための爪を溶接して仕上げます。



PT900 3.5g


キレイに石も留まって出来上がりです。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

ブレスレットの石を使ってペンダントに

2007-01-16 15:00:58  | NoComment



リフォームの依頼を受けました。形見に受け継いだブレスレットの石を使ってペンダントトップを作るという依頼です。出来上がるまでの手順を説明します。


 


何種類かデザインを書いた中からデザインを決めていただきました。画像はイラストレータで実寸大に書いています。それを少し拡大してブログに貼り付けております。


 ワックスというロウソクのロウの固まりのような物から原型を削り出すのですが、手作業で削り出そうかどうか迷ったのですが今回は3Dグラフィックソフトで原型のDXFファイルを作り3D切削マシンで削り出しました。この方法はコンピュータの知識やソフトの使いこなすスキルが必要で、初心者なら何日もかかる作業ですが私の場合、3Dグラフィックは10年くらい前からいじっていましたのでこれくらいは朝飯前です。



こちらがワックス原型の出来上がった物です。裏側もしっかりと裏抜きしております。余分な地金を取り除き重さを軽くするために必要な作業です。


 



原型を埋没材という石膏の様な物に埋没します。このまま埋没材が固まるまで1日ぐらい乾燥させます。


今日の作業はここまでです。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

オパールペンダント

2007-01-10 11:37:21  | NoComment


お土産でオパールの裸石を頂いたそうでペンダントトップにしたいという依頼を承りました。



裸石の写真を撮り忘れたのですが、出来上がりでも見て解るとおり形が長方形の幾何学的な形。う~ん、あまり曲線のデザインでは石の形状に似合いそうに無いのでシンプルに仕上げることにしました。


サイドが寂しかったのでつや消しにして、彫り模様をいれました。


裏側も透かしを入れて凝った作りにしております。


拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

32 / 32« 先頭...1020...2829303132
Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI