オーダー結婚指輪 マリッジリングの制作Blog A-D-PHP表示


オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。

リングゲージ

2007-06-05 14:59:10  | NoComment


6月に入って日中は本当に暑く感じるようになりました。
店内では照明をたくさん使っているのでとても暑くてエアコン無しではいられません。早い物で今年も半分終わったのだと思い、忙しく過ごしているので1日がとても短く感じます。

 


こちらは通常宝石店などで使われているリングゲージです。指のサイズを測る物ですが、向かって右側が通常の3mm幅のリングゲージで、左側が7mm幅のチョット特殊な物です。店頭にこられたお客様の指のサイズをこれらで測るのですが、5mm幅の指輪をお客様の指にピッタリ合わせるのには中途半端でこれらではしっかり測れずにいました。5mm幅ぐらいのリングゲージがあったらいいのにと、日頃思っておりましたが、市販の物では無いので思い切って作ってみました。

 


全てのサイズを作ってはいないのですが5mm幅の指輪をシルバーで11サイズ分作りました。これを使ってある程度はしっかり測ることが出来ると思います。

 


こちらは埋没前のオーダーメイドの指輪の原型ですが、今までと違ってベントと言われるガス抜きの為の細いワイヤーワックスをツリーに付けてみました。鋳肌をキレイにすることは仕上げの時間を短縮でき、作業の効率化には欠かせません。

 


シルバー、K18YGではあまり表面が荒れないのですが、プラチナの鋳造は結構難しく、埋没材、焼却行程、ワックス構造などに鋳肌の仕上がりに深く関わっています。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

大阪府よりご注文!シロツメクサ結婚指輪

2007-05-23 00:24:47  | NoComment



遠く大阪より当店のホームページを見て下さってオリジナルマリッジリングの「シロツメクサ」をご注文いただきました。遠方よりのご注文で大変感激しております。

 

今回はこの指輪のワックスでの原型製作から仕上がりまでを簡単に簡単にご紹介いたします。

 


原型の段階で2本の指輪を合わせるとクローバーのモチーフが浮かび上がるように、同じ大きさのハートを4つにキレイに配置します。また、指輪全体にテクスチャーが付くのですが、表面を目の細かい紙ヤスリで光沢が出るまで仕上げておきます。全体にデザインテクスチャーが入っていると地金に仕上がってからサイズ直しをするとデザインが途切れてしまうので、ワックスの段階で仕上がりの指輪サイズになるようにサイズを調整しておきます。この原型を鋳造リングにセットするためにツリー形状にし、この後埋没します。

 


地金の量を計算し、適量を鋳造機にセットします。

 


ワックスを完全に焼却するために950℃まであげて2時間ほど保持します。その後、900℃まで下げて鋳造に最適な温度の900℃まで下げます。この写真はまさにそのタイミングの900℃です。

 


鋳造後、ツリー状のまま固まったプラチナです。プラチナは熱しても酸化せず鋳造後もキラキラしてとてもキレイです。以前まで電気炉の温度コントローラーを使わずに鋳造していたのですが、炉内の温度が鋳造のベストタイミングではない時があり、鋳造物の表面に細かい巣と言われる窪みが出来たりして後から巣を埋める作業が必要だったのですが、コントローラーを使ってからは巣が格段に減少しました。やはり温度管理はかなり重要だったようです。しかしまだ完全ではないので以後ツリーの形を改善する余地がありそうです。

 


表面は一旦キレイに光沢まで仕上げをしてからマスキングをし、サンドブラストでマット処理をします。2つを合わせると4つのハートがキレイにクローバーの形を成型します。

 


レディスの内側にはレーザーによって入れられた英字とひらがな、かわいいハートマークが入っています。

 


メンズの内側にはかっこよく英字明朝体でお二人の名前を刻んでいます。

 

この指輪を気に入っていただき、大変喜んでいただきました。ありがとうございました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

シンプルな結婚指輪の完成です!

2007-05-22 01:36:45  | NoComment



ご紹介でご来店下さったお客様のオーダーメイド結婚指輪が完成いたしました。
たくさんのオリジナルリングの中から比較的シンプルなデザインを選ばれて、内側にレーザー彫刻とブルーダイヤを入れる事によって少し個性的に仕上げました。シンプルなデザインだけに全体のバランスに気をつけて作りました。

 


シンプルながら指輪全周に渡って中央が凹んだデザインは光の反射が美しくこのフォルムの指輪は人気があります。お客様のご要望に合わせて0.5mm刻みで好みの幅に仕上げることが出来ます。この指輪の場合4mm幅で仕上げております。

 


二人でおそろいの英語筆記体のレーザー彫刻を入れております。

 


通常の刻印、手彫りでは不可能な細かい彫刻がレーザーでは出来ます。

 


レーザー彫刻と丁度反対側の内面にはおそろいでブルーダイヤを入れました。サムシングブルーの伝説で、「青い物を身に付けた者は必ず幸せになる」という言い伝えがありますので必ずこのお二人も幸せになれるようにと祈りながら埋め込みました。以前は誕生石、ブルーサファイヤなどを内側に留めることが多かったようですが当店ではピンク、ブルーなどのカラーダイヤを埋め込むのが人気です。ダイヤの方がキラキラ光ってとても美しく輝きます。

 


出来上がったマリッジリングを見て大変喜んでいただいたお二人です。
お二人が末永く、幸せな家庭を築けますように!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

プラチナでリフォームした獅子の指輪

2007-05-15 19:39:36  | NoComment



当店が現在の場所にオープンする前からのお得意様からリフォームの依頼で作りました。原型はお客様が銀製の獅子の指輪を持ち込まれてゴム型をとり、プラチナで製作しております。原型銀製リングにダイヤは入っていないのですが写真のようにダイヤを入れて欲しいとのご依頼で口にはマーキス型のダイヤモンド、目にラウンドダイヤを埋め込んでおります。

 


銀製の指輪からゴム型をとってインジェクションワックスで銀製原型と同じ物を作りました。

 

 

ワックスツリーを作って鋳造リングのセットし、埋没します。

 


かなり厳つい感じの指輪が出来上がりました。このお客様は男性ですが、以前から宝飾品が好きで度々オーダーやリフォームをさせていただいております。この指輪も原型こそは作りませんでしたが、重さが40gぐらいあってかなり大ぶりなので、鋳造時に巣と言われる穴のような物が出来やすいのでかなり注意して鋳造しました。

 


横から見たところです。
プラチナ900 重さ39.8g 口のマーキスダイヤ0.705ctの仕上がりとなりました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

アフターバーナー

2007-05-12 23:14:27  | NoComment



電気炉の煙突部分にアフターバーナーという排煙ガスを再燃焼させ煙や臭いを出なくするという物を取り付けました。今日までは窓を開けて換気扇を廻すといったことで煙を屋外に逃がしていたのですが、先日電気炉に取り付けた温度管理コントローラーで自動運転が出来るようになったことから、夜中に電気炉のスイッチを自動で入るようにし、翌日の午前中には鋳造を出来るようにしています。その為窓を開けっ放しにするのはセキュリティー上良くないので、夜間でも煙対策を出来るようにしなければいけなかったのです。以前から欲しかった物で、10万円ほどする物ですが思い切って購入することにしました。臭いは完全にはなくなりませんが煙はかなり軽減されています。

 


さっそく鋳造リングをセットし、電気炉を運転させました。

 


電気炉内は400℃になりました。この時点で通常は煙は相当出るのですがアフターバーナーのおかげでかなり助かります。これのおかげで暑い夏場、寒い冬でも窓を開けなくて済むので、作業場の中はエアコンが効いて快適に作業が出来るようになる事と思います。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

合わせるとハートが浮き出る結婚指輪

2007-05-06 19:07:40  | NoComment



ブライダル雑誌を見ていただいてオーダーいただきました結婚指輪が出来上がりましたのでアップいたします。このリングは当店オリジナルマリッジリングをアレンジしてのオーダーですが、お二人にお似合いの指輪が出来上がりました。

 


お客様のご要望で、レディスに比べてメンズのリング幅をかなり広くしております。リング幅を広くすることで可愛らしさを軽減しカジュアルな感じになりました。

 


サイズ、幅が違っていても合わせるとピッタリとハートのモチーフが浮かび上がります。オーダーメイドじゃないと出来ないモチーフです。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

ブライダル雑誌に掲載中!

2007-04-29 10:02:42  | NoComment



徳島のブライダル専門誌結婚しちゃお!夏号に当店の情報を掲載しております。この雑誌は徳島と淡路島のウエディング店を311店舗をご紹介しています。プロポーズから式場選びはもちろん、新婚生活や妊娠・出産にまつわる情報も掲載されています。見かけたらチェックして下さい。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

リボンの結婚指輪

2007-04-24 19:42:10  | NoComment



上がレディスで素材をピンクゴールドにして、下がメンズで素材はプラチナです。
ブライダル雑誌を見ていただいてご来店くださったお二人ですが、彼女の方は最初から素材をピンクゴールドにすると決められていました。シンプルなデザインか、チョット変わったデザインにしようか迷われていましたが、リボン模様が大好きでリボンの彫刻が出来るのならばと、基本はシンプルなデザインにし、二つを合わせるとクローバーのモチーフが浮き上がるようにして、他の部分はレディスのみ全周に渡ってリボンのモチーフを手彫りで彫刻をしております。大変かわいく仕上がりました。

 


レディスのピンクゴールドリングの鋳造直後の写真です。

 


メンズは他のマリッジリングと一緒にプラチナで鋳造しました。

 


キレイに磨いてリボンを彫刻しました。

 


裏側まで全周に渡ってリボンを彫刻しております。受け取りにこられた際、大変喜んでいただいて私も大変うれしく思いました。末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

オーダー結婚指輪 製造工程

2007-04-16 00:22:19  | NoComment


先日とってもオシャレなお二人にご注文いただいておりましたマリッジリングが完成いたしましたのでアップいたします。「結婚式まであと数日ですね!末永くお幸せに!」

 

 

作りはシンプルに逆甲丸形で、メンズとレディスで幅を変えての製作です。メンズリングの内側にはレーザー彫刻でオールドゴシック文字を刻み、ブルーダイヤを1石埋め込んでいます。レディスリングの内側にはレーザーで英語の筆記体の文字、ピンクダイヤを2石埋め込んでいます。リングのフォルムは同じですが文字のフォントを変えることによってメンズは力強く、レディスはエレガントな感じのイメージに仕上がりました。

 

今回はこの結婚指輪の製造工程を写真にてご紹介します。

 


このリングの場合手作業でワックスを削っても良かったのですがより正確にリングの原型を製作するために3Dグラフィックでモデリングを行い、3D切削機を使って原型を製作いたしました。リングの幅は違いますが全く同じ形で幅が違うものが削れます。原型を作る場合、原型の製造時間を計算して3D切削機を使うか使わないか判断します。長年の経験により手作業で作った場合の作業時間を見積もりし、モデリングした場合の作業時間を見積もり、どちらが早くできるか判断します。3D切削機を使う場合のメリットは、3Dモデリングデータさえ作ってしまえば手作業ではとうてい作ることが出来ないような正確さと精密さを要する原型を作れることと、機械が切削している間、別の作業が出来ることです。
3Dモデリングデータを作るのは貴金属彫金の事が解っていて、かつ、コンピュータの知識も卓越したものでなければ出来ません。どちらかが欠けていても良いものは出来上がりません。両方が出来る人はまだ日本にはそんなに居ないでしょう。

 


こちらはプラチナで鋳造直後の写真です。プラチナはほとんど熱によって酸化しないのでこんなに白くキラキラ輝いています。

 


リングの表面に一部、巣と言われるキズの様なものが出来ています。これは地金を溶解したときに発生するガスなどが原因でどんな良い鋳造機を使っても完全に無くすことは不可能なものです。当店では真空加圧鋳造機を使って真空状態にしてガスの発生を抑えて鋳造するのですがやはりたまに巣と呼ばれるものが表面に出来てしまいます。

 


巣をそのまま削って無くすことが出来るのですが深い巣を削ってしまうと巣の深さ分地金を削ってしまうことになるのでリングの厚みが変わってしまいます。そんな時当店ではアーク溶接機を使って巣の出来た所をスポットで溶解し、巣を埋めています。

 


こんな感じで巣のあった部分だけ一瞬にして溶かして穴を埋めています。

 

解りやすく拡大してみました。

こちらが巣を埋める前です。

 


こちらが巣を埋めた後の写真です。電流の強さで溶かす面積や深さを調節します。一瞬にして5000℃ほどになるらしく解けた場所が水の波紋のような感じで解けて固まったようになっています。アーク溶接機を導入していない頃は巣埋め用のロウなどを使って手作業で一つ一つ埋めていて大変時間が掛かったのですがアーク溶接機があると簡単に素早く出来て、母体の地金を溶かして埋める共付けなのでロー目なども出ません。大変重宝しております。

 


こちらがキレイに仕上げた写真です。この後内側にダイヤモンドとレーザー彫刻が入ります。

 


内側の加工を施して完成です!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

神奈川県からご注文!オーダーメイド結婚指輪

2007-03-24 19:20:43  | NoComment


 

遠く神奈川県よりオーダーのご注文をいただきました。
クローバーのモチーフを使い彫刻も施したいというご要望でした。中央のハート部分を凸モチーフにし、サイドのハート、唐草模様を彫刻で表現しております。全体を光沢仕上げにすることでハートがそんなに目立たず、男性でも安心して着けていただけるデザインです。

 


プラチナで鋳造した直後の写真です。

 


こちらはキレイに研磨して彫刻を入れる前の指輪です。

 



彫刻を入れるとこんなにイメージが変わります。少しクラシックなイメージで末永く使っていただけると思います。

 

末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

30 / 32« 先頭...1020...2829303132
Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI