オーダー結婚指輪 マリッジリングの制作Blog A-D-PHP表示


オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。

海外からのご注文

2008-10-11 23:26:44  | NoComment


こんばんは!

当店ではインターネットでもオーダーメイドの相談や注文を受け付けていますが、
ネットでは実物が見えない。サイズはピッタリできるのか。など、色々な不安があると思います。
こんな不安を取り除いていただけるかどうかは解りませんが、
当店の製作活動状況を皆様に知っていただけたらそんな不安も少しは軽減できるかな?
と言った思いでブログを書いております。

本日ご紹介するのは、ネットでご注文頂いたお客様で、オーストラリア在中の日本人の女性でした。
旦那様になられる方は韓国の方で、挙式は韓国で行われるそうです。

10月の少しの間だけ、日本に帰還されるようなのでその間に指輪を受け取りたいとのことでご注文を頂きました。

本当にインターネットとは便利な物で、世界中何処にいても色々な情報が見られたり、購入することが出来ます。今回は海外からと言うことで私も大変驚き、感激いたしました。

ネットでは色々な不安のある中、私どもの指輪を気に入っていただき、ご注文下さいまして大変ありがとうございました。

081011b1.jpg
こちらがご注文いただいた結婚指輪です。当店のオリジナルマリッジをアレンジしてのご注文です。

081011b2.jpg
オリジナルには入っていないピンクダイヤ、ホワイトダイヤをレディスに留めたデザインです。
幅もオリジナルよりも少し細くして製作いたしました。

081011b3.jpg
内側にはダイヤモンド彫刻でメッセージを刻んでいます。

無事、日本に滞在している間にお渡しすることが出来ました。
届いたことをメールにて返信していただき

「イメージどおり、サイズもピッタリですごく気に入りました☆」

と大変喜んでいただけました。

今回はたいへんグローバルなお客様でした。海外で挙式の国際結婚とあって色々準備も大変だと思いますが頑張って下さい!影ながら私どもも応援しております。
本当にありがとうございました。

末永くお幸せに!

노력해 주세요! 감사합니다!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

鍛造で製作、マリッジリング完成!

2008-10-09 00:03:07  | NoComment


こんばんは!
秋のブライダルシーズンを迎え、フルオーダーのマリッジリングもお渡しに入りました。
現在新規にご注文いただいているのは来年挙式予定のカップル様からのオーダーとなっています。

今回ご紹介するマリッジリングは、先日も少しご紹介した、K18WG素材を鍛造で製作したリングです。先日のつづきからご紹介します。

081008b01.jpg
レーザーで共付けしたホワイトゴールドのリングをヤスリ掛けし、キレイに成型しました。
中央にラインを入れて、上半分にダイヤを留めるための下穴を空けています。

081008b02.jpg
こちらは、ダイヤを留る位置と反対側に付けるパーツで、2mm角の小さいハートです。

081008b03.jpg
表面をキレイに磨いてからハートをリングにロー付けです。

081008b04.jpg
こちらが表側で、ダイヤを留める為にダイヤの大きさに合わせて穴を広げていきます。

081008b05.jpg
キレイにダイヤを留めました。マス留めと言って四角く縁取って留める技法です。

081008b09.jpg
石留め部分の細部を拡大

081008b06.jpg
下半分をマット仕上げにして完成です。メンズのほうは実はシルバーリングです。
ご主人様はあまり指輪を付けないのかシルバーで良いとのことでした。

081008b07.jpg

081008b08.jpg
ダイヤを留めた反対側にはかわいくハートを付けています。
カジュアルでクールなリングが出来上がりました。

末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

内側に野球ボールの彫刻が浮き上がるオーダーメイドマリッジリング

2008-10-07 19:42:06  | NoComment


こんばんは

今回ご紹介するカップルは何処にでもあるような既製品のマリッジリングは嫌!
と言うことでオーダーメイドで結婚指輪を作らせていただくことになりました。

ご来店当初は、特にご希望のデザインなどはありませんでしたが店内に沢山ならんだサンプルマリッジリングや、他のお客様のオーダー作品写真をご覧になり、デザインを決定していきました。

081007b1.jpg
お互いのイニシャルをモチーフに指輪のデザインをしました。指輪を合わせるとハートが浮き出すのですが、今回のお客様は、そのハート部分を透かしにして、合わせるとハートの形でくり抜かれたように浮き上がります。

081007b2.jpg
こちらが指輪の原型です。

081007b3.jpg
出来上がりがこちら!
指輪の幅を細身にしてさり気なさを出しています。

081007b4.jpg
そして内側には彼の大好きな野球のボールを彫刻しました。
ボールも合わせると浮き上がるように彫刻しています。表も裏も2つでひとつを演出したロマンチックな作品となりました。

081007b5.jpg
お渡しした際には大変喜んでいただき、こちらも感激いたしました。
ありがとうございました。

末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

イルカの彫刻

2008-10-02 23:52:34  | NoComment


こんばんは!日ごとに寒くなり、夜は特に冷えます。
夜の12時を越えると厚手の服装でないと辛くなってきました。早い物で10月になり、今年も残すところ3ヶ月あまりとなりました。巷のニュースでは、早くもおせち料理の予約を開始したデパート?だったかな。
もあるようで驚きと、何となくせわしなく感じます。

さて今回はとっても初々しいカップルのオーダーメイドマリッジリングです。081002b1.jpg
幅は細めのシンプルなデザイン、内側にこだわった作りとなりました。
このデザインは彼が考えてデザイン画を持ってきていただきました。このデザインのように最近では内側にもこだわった彫刻をして欲しいと言った依頼も増えました。

081002b2.jpg
キレイな光沢の甲丸リングです。店頭のオリジナルマリッジリングを色々ご覧になり検討した結果、表面はシンプルなリングに決定!
彼が考えた内側の彫刻を際だたせるには表はシンプルで!が、一番良いと私も思いました。

081002b3.jpg

081002b4.jpg
ご覧のようにレディス、メンズ共に躍動感のあるイルカを彫刻し、そのあとに続く波が合わせるとハートのモチーフになるように彫刻しています。
内側の合わせると浮き出す彫刻は表面モチーフと違って少し難しいのですが、ストレートデザインのマリッジリングならば何とかこなせます。

以前はレーザー彫刻をやっていましたが、私はレーザー彫刻があまり好きではなく、個人的に当店では内側の地金をダイヤモンドの刃先で直接彫り込むダイヤモンド彫刻を使っています。
直接地金に彫り込む彫刻がキラキラしてとてもキレイなのです!

レーザー彫刻は地金表面を熱で焼いてマーキングするため、地金が焦げた色?になり、グレーのつや消しのようになります。レーザーにも良い部分がありますが、個人的にはあまり好きではありませんでした。

店頭には彫刻したサンプルも多数ありますので良ければご来店されて実物をご覧下さい!

081002b5.jpg
注文いただいたふたりのツーショットです。旦那様は元もと関西のご出身で、挙式後には、県外に転勤になるそうです。移動が多いと大変だと思いますが、おふたりで協力してどうか頑張ってください!

末永くお幸せに!

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

素材違いのマリッジリング

2008-09-30 02:15:15  | NoComment


こんばんは!

昨日から気温が下がり、急に寒く感じるようになりました。
いきなり、冬!とは言いませんが、ホントに秋を通り過ぎて冬のイメージです。
特に今日は朝から雨で、朝お店のシャッターを開けるときにすごく寒く感じました。
でも、このくらいで寒いと言っていてはホントの冬は越せないですね(^^;)

本日進めていた作業は、レディスとメンズが素材違いのマリッジリングの製作です。
080930b1.jpg
こちらは、レディスで素材はプラチナ900です。一緒にエンゲージのシャトンも鋳造しました。

080930b2.jpg
こちらはメンズで、素材はK18WGです。プラチナの値段も少し下がってきましたが、まだまだ金(ゴールド)よりは高いようですね。巣もなくキレイに鋳造できました。

この後、研磨作業に入りますが同素材のマリッジリングなら同時に研磨を進めていきますが、素材が違うため片方ずつ進めていきます。

080930b3.jpg
プラチナ素材のレディスマリッジリング、仕上げ途中です。当店のオリジナルマリッジリングを細身にアレンジしてご注文いただきました。かつ、オリジナルには入っていないダイヤモンドを埋め込みます。その為の下穴を空けたところです。

このマリッジリングをご注文いただいた方はオーストラリアに在中している方で、海外からメールでご注文いただきました!10月の初旬ごろ一旦日本に帰ってこられるようで、10月の中旬には挙式のためまた海外に出発されるようです。
日本に居るうちにマリッジリングを受け取りたいとのことなので急ぎで作業を進めています。

必ず間に合わせますのでご安心下さい!
あともう少しで完成ですので楽しみにお待ち下さい(^^)

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

新作!エンゲージ、マリッジのセットリング 完成v

2008-09-29 00:17:11  | NoComment


お久しぶりの更新となりました。オーダーメイドの製作と、オリジナルのマリッジリング、エンゲージリングのセットリングの製作を超急ぎで行っていたため、他の作業を控えておりました。

と言うのも、次回のブライダル情報誌の掲載に間に合わせるべく、作業を進めていたためです。新作の製作は、8月初旬ごろには掛かっていたのですがオーダーなどを優先した作業をしなければいけなかったため遅れてしまいました。

何とか完成し、誌面には間に合わせることが出来そうです。

作業手順を少しだけご紹介します。
マリッジリングを3モデル、エンゲージリングを5モデル作る予定ですがエンゲージリングは4モデルのみ先に完成させました。
080928b1.jpg
原型などの製作にかなり手こずりました。
ダイヤを留めるシャトンと言われる部分を先に埋没して鋳造しました。

080928b2.jpg
エンゲージリングの本体となる部分です。
リング幅、ラインの流れなど微妙な部分の微調整に時間が掛かり、一番キレイに見えるラインが出るまで何度も作り直しました。

080928b3.jpg
サンプルを一気にシルバーで鋳造します。パーツを組み合わせてバランスを見ながら腕の太さ歪み加減などを調整します。
以前にも紹介しましたが、同時にマリッジリングの方も鋳造して何本か仕上げていきます。
セットリングなのでマリッジとの重なり具合なども見ながら慎重に仕上げていきます。

そして、ついに完成して写真を撮りました!

080928b4.jpg
こちらは細身でひねられたフォルムが特徴で、ミル打ち飾りがアクセントとなった『Cheer』と言うモデルです。
ミル部分が紙吹雪で、ひねり部分を紙テープに見立てて、喝采を浴び、みんなに祝福されているようなイメージとしてリングを作りました。

080928b5.jpg
こちらは少し「和」のイメージの『羽衣』と言うモデルです。
こちらも細身で羽衣のような柔らかいウェーブが特徴です。レディスマリッジリングには華やかなダイヤをライン留めにし、優美さをかもし出しています。メンズはトップをつや消しにし、和の唐草模様を彫刻しました。
エンゲージリングは、腕を少しシャープなラインに仕上げし、ダイヤのサイドにはポイントとして柔らかい布が舞っているような飾りを付けました。
エンゲージは実際に指に付けるとラインの美しさが際だち、指がキレイに見えます。

080928b6.jpg
こちらはフェミニンな『Feather』です。
柔らかな天使の羽をイメージし、デザインの一部としました。レディスの羽部分はつや消しにして愛らしさを強調しています。
メンズは全て光沢仕上げとし、愛らしさよりもシャープさを出しています。
エンゲージはサイドにピンクダイヤをセットして、よりかわいらしいイメージにしています。また、流れるようなライン飾りが女性らしい柔らかなフォルムを作り上げています。

エンゲージリングはもう2モデル制作中ですが、後日ご紹介する予定です。
オーダーマリッジリングを何組か制作中のため、ホームページでのご紹介は少し遅れるかもしれませんがご了承下さい。先行して、ブログでのご紹介とさせていただきました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

婚約指輪

2008-09-18 01:44:15  | NoComment


こんばんは

台風が接近中という予報が出ていますが、一向に本州方面に向かってくる様子はありませんね!
沖縄あたりをずっと迷走している状態で、台風の影響なのか雨が降ったりやんだりでハッキリしない天気が続いています。一応こちらに向かっているようですが、たぶんこの台風が過ぎれば一気に気温が下がった気候になりそうな予感です。
早い物で今年もあと、3ヶ月とチョット!残暑がないまま、一気に秋冬へ!といった事になりそうです。

当店は今年の11月でオープンから8年が経ちます。
8年前、当店の内装工事をしていただいた内装会社の息子さんのご結婚が決まったようで、当店に婚約指輪を見に来ていただけました。当店がオープンする前からお付き合いのあった内装会社さんでとてもお世話になった方です。

080918b2.jpg
仕上げ前に指輪の内側に刻印を入れます。

そして出来上がりました。
080918b1.jpg
ダイヤは0.31ctのVVS2 Fカラーです。カットはトリプルエクセレントカットのハート&キューピッドで、ほぼ最高の物を使用しています。新婦である彼女の好みはあまり派手でなく、シンプルな物がご希望です。
デザインは色々迷われたようですが、結局、ダイヤの輝きを一番引き立たせるオーソドックスな立て爪タイプのリングに決まりました。ダイヤがキレイなのでどのようなデザインでも美しく輝きます。
ご婚約おめでとうございます。本当にありがとうございました。

なぜか、秋には婚約指輪の注文が多くなります。
店頭でのダイヤの在庫も少なくなったので、近々発注する予定です。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

レーザー溶接してみました。その2

2008-09-15 01:26:53  | NoComment


昨日に引き続きレーザー溶接で作業をしました。

K18WGのマリッジリングを製作するのですがシンプルなデザインなので鋳造ではなく、鍛造で作っていこうと思い、指輪の溶接箇所をレーザーで作業します。

ホワイトゴールドの場合、地金を当店で調合したオリジナル素材を使用しているためロー材を使うと、ロー材の色目や硬度が違うので以前はガス溶接で共付けをしていました。

今回はレーザー溶接機があるのでレーザーでの作業です。

080915b1.jpg
先日のプラチナリングと違い、幅の広いリングです。プラチナより若干溶解温度が低いためパワーと、照射時間を設定し、共付けをしていきます。レーザーで肉盛りして、先日も紹介しました表面のみなめらかにする方法で表面をならします。ご覧のように、溶接による引けはほとんど無く、キレイにならすことが出来ました。

080915b2.jpg
実践することでパワー、照射時間、スポット経などを調節し、素材による最適な設定を見つけられます。
慣れてくるとかなり短時間で作業が出来そうです。パルスを大きくすると連続してレーザーを照射できるようになるのですが、素手で持っているとかなり高温になり火傷をしそうです。なので、ときどき口で「フ~、フ~」します。

コンプレッサーを繋いでラボ内の対象物に風をあてる装置が付いていますが、配管が面倒なので今は付けていません。そのうち繋ごうとは思っています。

080915b3.jpg
この結婚指輪を注文いただいた方はかなり指が細く、左手薬指のサイズは3号です。
今まで、5号というサイズの方がいましたが3号とはおどろきです。実際4号を付けていただくとゆるかったので、間違いなく3号じゃないとぬけそうでした。

見た目は普通の女の子ですが、最近の人は骨自体が細いのでしょうか?

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

レーザー溶接してみました。

2008-09-14 01:27:02  | NoComment


こんばんは!

現在新作のマリッジリングを製作途中なのですが中々はかどらず、少し先になりそうです。
9月に入り、オーダーメイドマリッジリングの相談が増えたのと、細かい修理などが入ってきているためです。

080913b1.jpg
サンプルは何種類かの表面処理をするため同一の原型を2~3個ずつ作っています。

080913b2.jpg
その中の一つのデザインです。今回は細身のフォルムでエッジ部分にミル打ちをしています。
こんな感じでミルを打つのも、ミルの大きさ、全周打つのかどうか、ダイヤは入れるか否か、色々考えて製作しています。実際に仕上がってみても気に入らなければ原型から製作をし直しています。そんなこんなで時間が掛かるわけです。

レーザー溶接機を使って、色々な加工を試してみました。

080913b3.jpg
以前からのお得意様からK18でピアスを作って欲しいとの依頼があり、製作しました。
この所、結婚指輪の製作が忙しいので、お得意様であってもリフォームなどは断っておりましたが、日数は掛かっても良いと言うことと、簡単なデザインなのでお受けしました。

先端に直径2mmのイエローサファイアが付いたピアスを製作するのですが、パーツの組み立てを全てレーザー溶接でやってみました。

080913b4.jpg
接合部分のアップです。ピアスの芯は0.75mm、爪は0.5mmです。
以前使っていたアーク溶接機では細かい部分の調節が出来ず、溶接箇所が引けてしまって細くなったり、他の箇所が溶けてしまったりしたのですが、レーザー溶接はさすがです。
溶接による引けがほとんど無く、細かい箇所もピンポイントで溶接できます。

レーザー溶接は共付けなので、ロー付けに比べ強度があり、他の部分の熱による変色などがありません。
また、ロー付け中に他の箇所のローが溶けて爪が外れる。と言ったこともありません。

こちらがピアスの出来上がり写真です。
080913b5.jpg

プラチナ指輪のサイズ直しもしてみました。
080914b6.jpg
これはマリッジリングなのですが、ロー付けよりも強度のあるレーザー溶接でサイズ直しをします。
以前はダイヤなど石の入っていない指輪は、ガス溶接で共付けしていましたが、ダイヤなどか入った物は共付けできません。なので、レーザーが無ければ出来ない加工です。

080914b7.jpg
接合部のアップです。同一素材のプラチナで肉盛りをしていくのですが、最後にスポット経を大きくして、表面をなめらかに、ならすような処理も出来ます。この仕上げによってヤスリ掛け途中に盛りが足りずに凹んだ部分が出来た!
なんてことはありません。また、仕上げの手間も省きます。

以前のアーク溶接機でも共付けは出来たのですが、時間が掛かるのと、どうしても溶接スポットに引けが生じるので、かなり手間が掛かっていました。

アークでは肉盛りはV字にカットして肉盛りをしていくのですが、V字を広めにしないとアークが近い部分の地金に飛んでしまい、思ったように溶接が出来ませんでした。

レーザーならば、サイズアップの場合でもV字にせずに、アップ分の溝ですむので大幅に時間が短縮できます。
様々な溶接をしていくうちに、加工の質が大幅に向上するのは間違いないと確信しました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

スキー場

2008-09-07 02:02:32  | NoComment


こんばんは!

先日、あるお客様から頼み事があるので!と、ある頼み事をされました。
頼み事とは、仕事とは関係の無いことなのですが、それがうまくいったためお客様からお礼に「シラスの釜揚げ」と、おいしそうな食パンを頂きました。

080907b1.jpg
「シラスの釜揚げ」というのはたしか、鰯の稚魚だったように思うのですが、その稚魚を炊きあげた物です。
炊かずに天日干しにした物を徳島では「ちりめんじゃこ」と言います。

かなりの量をいただいて、1kgと書かれていました。とても家だけでは食べきれない量です。
それにパンは、スーパーに売っているような食パンでは無く、パン屋さんの食パンです。

頼まれ毎と言ってもそんなにたいした事をしたわけでは無かったので、気が引けましたが、お客さんはとても喜んでいました。ありがたく頂きます!

まだお渡ししておりませんが、以前に当店のオリジナルマリッジリングをご注文いただいておりましたお客様の指輪が完成しました。そのお客様は長野県と徳島県の遠距離で、ロマンチックにもスキー場で知り合ったらしいのです。
080907b3.jpg
オリジナルの雪の彫刻が入っているマリッジリングを気に入っていただき、彼が長野県から彼女の実家に来県されている際にわざわざ、当店にまで足を運んでくださいました!

そんなお二人が指輪の内側に刻んだメッセージが『 おなじ夢を ふたりで[黒ハート] 』です。
色々考えられてこのメッセージに決定いたしました。お二人らしいロマンチックなメッセージです。

彫刻を入れるレイアウト等の打ち合わせをメールでやり取りしたのですが、私も昔は良く長野までスキーに出掛けた事をお話しすると、お二人が知り合ったスキー場の写真を送っていただきました。

【いつもより大きめの写真でUPしてます】
080907b2.jpg
私も昔はスキーは大好きだったのでこの写真を見て、とてもスキーに行きたくなってしまいました!
この写真を見ていると本当に懐かしく、思い出します。
都会の中の雑踏を離れて、スキー場に行くとすごくのんびりし、風の音とリフトの「ピンポ~ン」と言うチャイムだけが鳴り響いています。その環境がとても好きで、スキーに行くたびに帰りたくなくなった事を思い出しました。

貴重な写真をありがとうございました。

拍手をおくる











オーダーメイド結婚指輪制作blog

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »
Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI