オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


K18の幅広マリッジリング

2008-11-01 23:53:02

こんばんは

今日からついに11月。
今年も後2ヶ月となしました。毎年この時期にはどういった訳か、修理などの依頼も増えます。
お正月までに片づけておきたいことをやらなければ!っと言った意識が働くためでしょうか?

今回出来上がったのは2本のマリッジリングですがそれぞれ別のお客様からの依頼で、マリッジリングの買い直しとして、レディスのみご注文いただきました。
たまたま、双方とも「プラチナなどの白色系のリングは似合わないので18金で作りたい。」と言ったお客様でした。

081101b01.jpg
偶然ですが同じようなフォルムのリングをご注文いただきました。上は5mm幅、下は6mm幅です。
同じ18金でも割り金の比率を変えて、1本は現在主流の青割りに近いイエローゴールド。
もう一本は、昔ながらの4:6割のイエローゴールドです。

081101b02.jpg
5mm幅のリングにはダイヤを3個留めます。斜めにカットしたラインで彫り留めしていきます。

081101b03.jpg
石留めがキレイに出来ました。

081101b04.jpg

081101b05.jpg
こちらが出来上がりです。シンプルですが、幅が広いので存在感があり、指に付けると目立ちます。

081101b06.jpg
もう一本の6mm幅には大きめのダイヤを1周グルリとエンドレスにダイヤを留めます。
ダイヤを留める下穴を空けたところです。ダイヤは全部で16個留めるので等間隔で空けます。

081101b07.jpg
ダイヤを留めるためにタガネで爪を作っていきます。下半分はダイヤを留めずにシンプルな光沢です。

081101b09.jpg
ダイヤを留めて、キレイに研磨すれば完成です。

081101b08.jpg
こちらはダイヤも大きな物を使っているのでかなり豪華になっています。留めるダイヤは16個と指定されていたので、
ダイヤとダイヤの間隔が少し空きます。その部分はミル打ちで飾りを付けています。

久しぶりにイエローゴールドの地金を使って作業しました。プラチナは高価ですがマリッジリングにはまだまだ主流で、
白色系の注文の多い中作りましたがイエローゴールドも中々キレイなものですね。

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI