オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


0.5ctの6本爪ペンダントトップ

2008-06-16 00:38:11

今日はお昼頃に電気炉にセットした鋳造リングを夜10時頃鋳造しました。鋳造作業はいつもは朝一で行っていますが埋没した時間が遅かったので夜の鋳造となりました。写真は後日アップします。

それ以外に今日はペンダントトップの仕上げをしておりました。お客様にお預かりした六本爪で古いタイプのエンゲージリングをシンプルなペンダントトップにしたいと依頼を受けていた物です。最近は結婚指輪の依頼が多いのでリフォーム等はあまり受けていないのですが、店頭注文で2~3ヶ月掛かっても良いという以前からのお得意様のみ受けています。

080616b1.jpg
この方の場合も2ヶ月ほど前に依頼を受けて今日仕上げをすることが出来ました。左がお預かりした指輪で、右がダイヤを入れてペンダントトップにするためのダイヤのシャトンといわれる物です。このタイプは店頭でもオリジナルを製作しているため、ダイヤの大きさに合わせて何種類かのゴム型を作っています。それでも仕上げまで2か月ほど掛かってしまいました。

080616b2.jpg
ネックレスを通すための丸カンを溶接して、シャトンをキレイに研磨してから裏側に刻印を入れます。

080616b3.jpg
次にひっくり返してダイヤを留める側を上にしてダイヤを留める準備をします。

080616b4.jpg
ダイヤを乗せてみて傾きが無いように留まるかをチェックします。

080616b5.jpg
不備がないようでしたので慎重にタガネで爪を倒していきます。タガネがダイヤにあたらないように慎重に・・・。

080616b6.jpg
爪をヤスリで整えて再度キレイに研磨し、チェーンを通して出来上がりです。お客様には大変お待たせいたしましたが出来あがりです。ダイヤの大きさは0.507ctでかなりキレイなダイヤです。本日お渡しすることが出来ました。ありがとうございました。

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI