オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


古い立て爪婚約指輪をリフォーム

2007-11-09 23:28:04


以前は宝飾品全般のリフォーム・オーダーメイドなどを受けていましたが、現在はマリッジリングのオーダーが忙しく、マリッジ以外の仕事はほとんど受けていません。しかし、以前からのお得意様やその紹介の方に限ってリフォームなどを受けています。今回もそんなお客様からのご依頼です。兵庫県からのご依頼でインターネットを通さずデザイン画を郵送したりしてデザインを決定いたしました。

 

0.6ctのダイヤモンド立て爪指輪のリフォームです。ダイヤは大きくてキレイなのですがデザインが少し古く、今風で少し豪華なデザインにしたいとのご要望です。

 


地金をたたき出して作ることも出来ますが今回はワックスで原型を作ることにしました。まず、チューブワックスを削って指輪の土台を作ります。

 


少しひねりのある柔らかなラインにする予定です。

 


0.6ctのダイヤモンドを留めるための石座(シャトンとも言います。)預かっている物は爪も大きく高さがありますが、新しいデザインは爪を小さく低めの石座にします。

 


こちらもワックスを削って作ります。ダイヤを乗せてセッティングのチェックです。この石座部分は地金を削って作ろうか迷いましたがこちらもワックスで鋳造することにしました。

 


ツリーを作って鋳造の準備をします。リングの部分と石座を別々に鋳造して地金にしてからくっつける方法を選択してのワックスツリーです。パーツ分けすることで細かい部分まで仕上げの手が入るのでキレイに仕上げられます。

 


こちらは立て爪リングのサイドに付けるメレーダイヤの石座です。サイドのメレーにしてはチョット大きく、1個0.1ctの大きさのダイヤを留める石座です。

 

ここまで作業をして明日は鋳造です。全部地金に仕上げてからパーツを組み立てていきます。明日は朝一からホワイトゴールド1缶と、プラチナが1缶を鋳造予定です。

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI