オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


レーザー溶接機比較

2008-05-20 00:34:00

先日、神戸で開かれた国際宝飾展に行ったときに、レーザー溶接機を見てきました。この国際宝飾展は年に2度、1月にも東京で開かれています。今回の宝飾展は東京よりも規模は少し小さいですがそれでも開場はかなり広く、1日では全てのブースを見て回れません。私の場合商品の仕入れよりも加工機械などの方が興味があり、費用対効果をあまり考えずに目新しい機械を見ると欲しくなってしまいます。レーザー溶接機の場合も無ければ無いなりに彫金作業はできると思ってはいましたが、実際にさわってみて、試し打ちなどをしてみるとその性能の良さに惚れ惚れしました。やはり、今まで行ってきたガス溶接だけの作業は限界があると実感しました。アーク溶接機を持ってはいるのですが時間が掛かり、私のように連続した作業をする場合は力不足です。なのでレーザー溶接機の導入を前向きに検討していきたいと思います。現在スペックなどのわかる範囲で3機種の検討をしてみました。

080516レーザー01.jpg
【候補1】
まず最初に目を引いたのはこの機械です。卓上型で大きさも当店の設置スペースを考えると丁度良い大きさです。レンズ部分もライカ製で信用できるメーカーの物です。液晶コントロール表示も大きく見やすいです。
■スペック
最大パルス :40J
ピークパワー:5kw
パルス幅   :0.5-20ms
スポット経  :0.2-2.0mm
メモリー    :有り
波形制御   :有り
重量      :50kg

080516レーザー02.jpg
【候補2】
ドイツ製のロフィンという機械です。世界的にかなり定評のある機械で信頼性もあります。元もと高価なメーカーのようですがこの機械は価格を落とした廉価版です。スコープ部分は中国製のようですが覗いた感じは視認性は悪くありませんでした。ただ、卓上型にしても大きすぎるかも(^^;)
■スペック
最大パルス :50J
ピークパワー:5kw
パルス幅   :0.5-20ms
スポット経  :0.2-2.0mm
メモリー    :有り
波形制御   :有り
重量      :85kg

080516レーザー03.jpg
【候補3】
イタリア製の機械で3機種の中でも一番小さく、軽いです。パルスエネルギーは60Jと一番大きいのですが、ピークパワーが4kwと少しパワーが落ちるようです。レンズ部分もライカ製で信頼が置けます。価格を抑えるために、メモリーと波形制御が付いていません。この機能が無いのは加工作業にどう影響するのか?試し打ちをしましたが無くても良いような気もしますが・・・。
■スペック
最大パルス :60J
ピークパワー:4kw
パルス幅   :0-15ms
スポット経  :0.3-1.5mm
メモリー    :無し
波形制御   :無し
重量      :30kg

ここで紹介する以外にも数機種あるようですが今回確認できたのはこの3機種です。おおよそこの中から選択しようと思っています。価格はみんなよく似た感じでスペックもよく似ています。候補3の機種はメモリー、波形制御が無い分少し値段が安いです。価格を取るか、機能を取るか悩みます。

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI