オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


レーザー溶接してみました。その2

2008-09-15 01:26:53

昨日に引き続きレーザー溶接で作業をしました。

K18WGのマリッジリングを製作するのですがシンプルなデザインなので鋳造ではなく、鍛造で作っていこうと思い、指輪の溶接箇所をレーザーで作業します。

ホワイトゴールドの場合、地金を当店で調合したオリジナル素材を使用しているためロー材を使うと、ロー材の色目や硬度が違うので以前はガス溶接で共付けをしていました。

今回はレーザー溶接機があるのでレーザーでの作業です。

080915b1.jpg
先日のプラチナリングと違い、幅の広いリングです。プラチナより若干溶解温度が低いためパワーと、照射時間を設定し、共付けをしていきます。レーザーで肉盛りして、先日も紹介しました表面のみなめらかにする方法で表面をならします。ご覧のように、溶接による引けはほとんど無く、キレイにならすことが出来ました。

080915b2.jpg
実践することでパワー、照射時間、スポット経などを調節し、素材による最適な設定を見つけられます。
慣れてくるとかなり短時間で作業が出来そうです。パルスを大きくすると連続してレーザーを照射できるようになるのですが、素手で持っているとかなり高温になり火傷をしそうです。なので、ときどき口で「フ~、フ~」します。

コンプレッサーを繋いでラボ内の対象物に風をあてる装置が付いていますが、配管が面倒なので今は付けていません。そのうち繋ごうとは思っています。

080915b3.jpg
この結婚指輪を注文いただいた方はかなり指が細く、左手薬指のサイズは3号です。
今まで、5号というサイズの方がいましたが3号とはおどろきです。実際4号を付けていただくとゆるかったので、間違いなく3号じゃないとぬけそうでした。

見た目は普通の女の子ですが、最近の人は骨自体が細いのでしょうか?

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI