オーダーメイドの結婚指輪・マリッジリングの彫金日誌です。


レーザーで石留め爪を再生成型

2008-10-26 00:05:39

こんばんは!
ここの所、仕事以外での諸事情で少し忙しく、ブログの更新がおろそかになっていました。
少し落ち着いてきたので久しぶりの更新となります。

今回ご紹介する作業はレーザー溶接を使ってのみ、作業が可能な加工修理です。
K18YGで、ダイヤが一文字に埋め込まれたエタニティーっぽいリングの修理です。

081025b1.jpg
ごらんのとおり、1個ダイヤが外れてしまっています。ただ外れたのではなく、ダイヤを留めている爪がすり減り、爪が無くなったようになってダイヤが外れてしまったようです。このリングはかなり年期が入ったリングでダイヤが外れた箇所以外の部分でも同様に爪の損傷が激しいです。

現在はずれた箇所を修理しても、後に他の箇所もダイヤが外れてしまう可能性があったのですが、とりあえず現在外れている箇所を修理して欲しいとのこと。

このリングのように爪が無くなってしまっている場合、ダイヤを再度留め直すことはほとんど不可能なのですが、我が工房にはレーザー溶接機があります(^^)v
なので、こんな修理も可能です。

081025b2.jpg
レーザー溶接機で、爪を再生しております。すぐ隣にダイヤがあるのでレーザーが当たらないように慎重に・・・!
K18の爪にするためのワイヤーを芯立てする要領で爪を整形し直しました。火を使うガス溶接では絶対に不可能な加工です。

081025b3.jpg
爪が出来たら後は普通にダイヤの石留めです。

081025b4.jpg
キレイに磨いて修理完了です!

拍手をおくる








オーダーメイド結婚指輪制作blog

コメントを書く







コメント内容


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI