オーダーメイドのデザインを考える3つの方法

既製品はピンとくる物が無く、どうせなら世界に一組のオーダーメイドにしたいのだけれどどうやってデザインを決めて良いかわからない!と言った方へ以下の3つの方法でデザインを考えていくとデザインを決めやすいと思います。
シンプルな指輪にでも好きな彫刻をいれたり、ダイヤモンドを並べるだけで世界に一組のフルオーダーの完成です。完全にデザインを決定しなくても何となくこんな感じといったデザインでも当店で完成系のデザインを提案いたします。

1.オリジナルマリッジリングを元にアレンジしてみる

一番簡単な方法として、沢山のオリジナルリングの中から気に入ったデザインを決め、アレンジしてデザインを決めていくと言う方法があります。「このモデルをアレンジしたい」と言っていただければデザイン提案いたします。 以下はこれまでご注文いただいたアレンジオーダー例です。

オリジナルマリッジリングCute
オリジナルマリッジリングCuteのアレンジ例

左は当店のオリジナルリング「Cute」ですが、そのアレンジリングです。レディスにはピンクダイヤを追加し、メンズはねじれたラインを追加しました。 少しだけのアレンジですが、これだけで世界で1組の結婚指輪の完成です。




オリジナルマリッジリング桜小道
オリジナルマリッジリング桜小道のアレンジ例

こちらは、「桜小道」のアレンジですが、形はそのままでサイドの模様を変更しています。模様を和彫りの唐草模様に変更し、より「和」のイメージを出しました。 彫刻の中にダイヤも留めています。また、彫刻の一部をお二人のイニシャルにしてもオシャレです。

オリジナル結婚指輪桜小道
オリジナル結婚指輪桜小道のアレンジ例

もう一つ、「桜小道」のアレンジをご紹介。こちらも形はそのままですが、素材をプラチナ部分とピンクゴールド部分を逆にしています。 ピンクゴールドがベースになったことでよりインパクトある作品となりました。サイドの模様は合わせるとお二人のイニシャルが浮き上がるようになっています。


オーダーメイドのハワイアン結婚指輪

ハワイアンマリッジリングの場合は素材、幅、彫刻内容などはある程度自由に選択して指輪を完成させます。 彫刻内容はいくつかのパターンが有り、店頭で実物の見本をご覧いただけます。また、ハイビスカスの部分をヤシの木や、ホヌと呼ばれる亀のモチーフに変更出来ます。 さらに、ダイヤモンドをチョイスしてハイビスカスの中央に埋め込むことも可能なので無限にデザインが広がります。



2.マリッジリングを基本形の最初から考える

指輪のデザインは沢山あるようで実は基本となる形があり、その基本からデザインを絞っていくことで自分に合ったデザインが見つかります。 ある程度デザインが絞り込まれてきたら、後は当店にお任せ下さい。

結婚指輪の幅

①指輪の幅を決めよう
その人の指の長さ、太さによって似合うリング幅があります。また、好みのリング幅を見つけましょう。 目安として手の小さい女性は細身の方が似合います。逆に手の大きい男性は細すぎるとキャシャに見えてしまうので、ある程度のリング幅があった方が良いでしょう。 以上の事から、レディスは細めにした場合、メンズはレディスより0.5mm幅ぐらい幅が広い方がバランスがとれる事が多いです。

結婚指輪のエッジタイプ

②指輪のエッジの形を決めよう
大きく分けて指輪の表面が平らな平打ちタイプと角の丸い甲丸タイプがあります。昨今は指になじむ甲丸タイプが人気です

結婚指輪の大まかな形

③指輪のフォルムは?
大きく分けて左記の3つのタイプに分類されます。デザインによって合う、合わないがありますが、こちらはお好みで良いでしょう。 ストレート型はオーソドックスで男性女性限らず全ての人に合うタイプ。 女性らしい柔らかいラインがお好みならS字型、V字型は指に付けたときに指が長くキレイに見えると言った特徴があります。

④形が決まったら表面にデザインを加えてみます。
シンプルなデザインをベースにダイヤを入れてみたり、彫刻を入れたりするだけでオリジナルが簡単にデザインできます。 以下はダイヤや模様を少し加えただけですが充分キレイに見えます。そんなこだわったデザインが無ければこのような感じで簡単にオーダーメイドのデザインができます。 誰もが身につけている既製品なんかより簡単なデザインでもオーダーで制作した物は愛着がわくことと思います。世界に1組だけの結婚指輪をオーダーメイドで制作してみませんか?

結婚指輪に簡単なデザイン

ダイヤを等間隔で3つ並べてみました。



S字型のリングにピンクダイヤを1個埋め込みました。


中央にダイヤ、表面には彫刻を入れました。唐草、オリーブ、ハワイアンなど様々な彫刻模様がありますのでご相談下さい。


お相手のイニシャルをモチーフにしてみました。


複数のダイヤを斜めに留めてみました。

実はデザインはこれで終わりではありません。一番最後のデザインを例にとるとここからさらにデザインが広がっていきます。上から

ストレートからS字に変更したデザイン

ダイヤをピンク、ブルーなどのマルチカラーに。

ダイヤを留めた部分にピンクゴールドを使ってツートーンに

など、バリエーション違いなどは当店にお任せいただければご提案いたします。

結婚指輪の広がるバリエーション

⑤合わせると浮かび上がるデザインを考える
なかなか絵をご自分で描くのは難しいと思いますので、モチーフに使いたい物を思い浮かべましょう。動物、思い出の物、季節、仕事などなんでもOKです。 モチーフにしたい物を伝えていただければ当店でデザイン画をお描きします。

結婚指輪の合わせると浮かぶデザイン

ネコを描いてみます。ただのネコではなく合わせるとシッポがハートになるようにしてみました。



細かいデザインは合わせると浮かぶように描いた方が大きくデザインできます。

3.デザイン画を自分で描いてみる

上記の様にデザインを絞り込むことでデザインがある程度決まってきたら、ラフ画でもかまわないので自分で描いてみましょう! 上手くかけなくても当店に絵を持ち込めば、絵を元に当店でデザインを提案いたします。言葉で伝えるよりも絵があった方が遙かにに伝わります。 今までに絵を持ってこられた方のデザインを少しご紹介します。

・・・・・・・・・・イニシャルを使った結婚指輪・・・・・・・・・・
お客様が描いた結婚指輪のデザイン画

お客様が描いた手書きの絵
イニシャル「H」と「S」をデザインした結婚指輪です。

お店で描いたデザイン画

お客様の絵を元に当店で描いたデザイン
幅は細くしたいとの事でしたでのリング幅は細くしましたが、イニシャルの部分を強調するためリング幅からはみ出す様にデザインしました。

結婚指輪の完成写真

完成した結婚指輪
イニシャル部分はリングからはみ出したデザインになっているのでリング幅は細くてもキャシャなイメージはありません。

・・・・・・・・・・モチーフを使った結婚指輪・・・・・・・・・・
お客様が描いた結婚指輪のデザイン画

お客様が描いた手書きの絵
クローバーをメインにした結婚指輪

お店で描いたデザイン画

お客様の絵を元に当店で描いたデザイン
シンプルにクローバーだけを使っています。それぞれにクローバーをデザインし、茎の部分はお相手様のイニシャルになっています。

結婚指輪の完成写真

完成した結婚指輪
シンプルなフォルムですが、その分上品にクローバーだけが強調されています。クローバーが大好きなお客様からでした。

・・・・・・・・・・内側彫刻をお客様の手書きのマーク・・・・・・・・・・
お客様が描いた結婚指輪のデザイン画

お客様が描いた手書きの絵
内側に手書きの文字やマークを彫刻することが出来ます。

指輪の内側に入れた彫刻

完成した結婚指輪
少しわかりにくいですが、お客様の手書きで描いてこられた文字やマークを内側に彫刻しています。

以上のようにオーダーメイドの結婚指輪デザインを考える3つの方法をご紹介いたしました。デザインの考え方はこれらに限ったことではありませんが、 誰でも簡単にデザインを考えてご注文することができます。世界で一組だけの結婚指輪が少し身近になってきたことと思います。 当店では、デザインから制作仕上げまで全て店内で行っておりますので中間マージンなどは発生せず、価格面でも既製品に近い価格でご注文していただくことが 可能です。ただし、制作するために日数がかかりますのでご相談はお早めにお願いいたします。

Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI