デザイン画集

これまで依頼を受けたデザイン画をご紹介します。デザイン画がどのように描かれているかが、このページを見ればお解り頂けると思います。
立体的に造形する物をいかにデザイン画だけでお解り頂けるように詳細部分まで描き込み、わかりにくい部分は丁寧にご説明いたしております。
是非、当店でデザインをご依頼下さい。



【デザイン例001】


幅はそんなに広くなく、彫刻をメインにご依頼を受けました。余り凸凹したデザインはお好みではなく、比較的シンプルにがご希望です。そのためモチーフは彫刻のみとしました。 全周にアイビー彫刻を施し、彫刻の中にお二人のイニシャルが隠れています。また、アイビーの途中が合わせるとハート型に浮き上がるように彫刻を加えています。 レディスとメンズとのサイズの違いを考慮して、全体に同一の彫刻になるように少しだけアイビー彫刻のスパンを変えています。



【デザイン例002】


お互いに幅は広めのご注文でした。二つを合わせると弓矢のデザインが浮き上がり矢の先がレディスのハートを射抜くと言ったロマンチックなデザインになっています。 弓の部分はお互いのイニシャルをデザインしています。レディスには彼の「M」、メンズには彼女の「E」となっています。そして、犬の足跡モチーフが施されていますが、 足跡の数はお互いに飼っている犬の数を表し、彼女が2匹、彼が3匹飼っていてお二人を合わせると5匹の犬となります。



【デザイン例003】


シンプルに二つを合わせるとクローバーが浮き上がります。クローバーの茎の部分は合わせるとハート型になるようにしました。 全体は光沢でハートの内側のみサンドブラストのつや消しになっています。素材は個性的にレディスはK18イエローゴールド、メンズはプラチナ900です。 素材をプラチナ以外にする事でシンプルですが、一段と個性的になっています。



【デザイン例004】


カジュアルでクールなイメージがご希望だったので丸みのない平打ち型をベースにしています。全体をプラチナだけではなく一部をピンクゴールドがご希望です。 そのため、幅を違えた2段重ねのデザインで1段をピンクゴールド、もう1段をプラチナのツートーンカラーにいたしました。幅の広い方のプラチナ部分には アイビーの彫刻を入れ、レディスには華やかさを出すためダイヤモンドを埋め込みました。



【デザイン例005】


お二人の出合が春だったこともあり、桜の花をデザインに取り入れることがご希望でした。かつ、二つ合わせると意味のあるデザインにしたいと言うことでしたので 合わせると桜の花が浮き出すようにデザインをいたしました。花から伸びた木の枝はお二人のイニシャル「T」と「S」をデザインしています。 ベース部分をツヤ消しにする事で花びら、彫刻がよりいっそう浮き上がったように強調されとても雰囲気の良いデザインです。それぞれにダイヤを加えてアクセントも出しました。



【デザイン例006】


お二人の大好きな動物をモチーフにいたしました。レディスはネコを、メンズにはベルーガという白イルカをデザインいたしました。 このようなデザインの場合、模様が細かくなるため有る程度のリング幅が必要です。 また、デザイン的にアクセントが欲しいと言うことでピンクゴールドのラインを入れ、そのラインは合わせるとハート型になるというギミックも取り入れています。



【デザイン例007】


特にご希望のデザインが無かったお二人ですが、店頭で沢山のデザインをご覧になりインパクトのあるデザインにしたいとのご希望でした。 色々見ていくうちに施したいデザインが絞り込まれこちらのデザインに決まりました。ベースは少しひねりを加えて光沢とつや消しを交互に施し、変則的なクローバーを配置し、 天使の羽を加えました。羽のデザインには華やかさを出すためにダイヤモンドを埋め込んでいます。唐草模様も彫刻ではなく、立体的なモチーフにして耐久性を出しました。 かなりこだわりのあるデザインに仕上がりました。



【デザイン例008】


架空の生き物であるペガサスとユニコーンがモチーフになっています。夢のあるロマンチックなデザインがご希望でした。こちらのデザインも細かい加工を施すためある程度の リング幅が必要でしたので5mm幅といたしました。インターネットでのご注文でしたのでご希望を忠実にデザイン画にするため細かい部分を修正し、デザイン画が完成しました。 デザイン画を見ていただくと拡大して描いているためもう少し細かくデザインを施せるように思われがちですが、 実際は5mmという幅の中で制作するためある程度デザインの簡略化が必要なデザインです。



【デザイン例009】


インターネットでご依頼いただいた場合のデザイン案をご紹介いたします。 雪の結晶のモチーフをメインにデザインいたしました。結晶部分を細かく表現したいと言うことで二つを合わせると雪の結晶が浮かび上がるようでいたしました。 サイド部分にはお二人のイニシャルを彫刻で施し、キラキラした光の彫刻を加え華やかにいたしました。ベースの表面をつや消しにする事でモチーフがより引き立ちます。



【デザイン例010】


インターネットでご依頼いただいた場合のデザイン案をご紹介いたします。こちらの方の場合デザイン案を3つ提案いたしました。 デザインはそれぞれ違いますが、共通点はお二人のイニシャル「T」と「C」が入っています。デザインAはクローバーをベースにした物です。 デザインBは可愛いウサギとビンクのハート、デザインCはウサギとハートですが、バリエーション違いです。このようにおおよその希望をご連絡いただきますと 何種類かのデザイン案をご提案しています。


Copyright 2005,orignal order ring maki,Inc. All rights reserved.ジュエリークラフトMAKI